ムックとまるのあしあと

食欲旺盛でオモチャといたずらが大好きな悪ガキ犬、トイプー、ムック(♂)。外では、極度の犬見知り&人見知り、何にでもビビってしまう草食男犬。2014年1月25日から、肝の据わった恐ろしくマイペースな保護犬 まる(♀)が、我が家に合流。これから我が家の生活はどうなるのか!?酒好き飼い主が綴るノンフィクションw

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チョコレートより、肉ーー!!


ーーーーーーーーーーーーーーーー

えーと、記事の前に・・・


まるの昨日の記事

すみません、ご心配おかけしました(汗)

詰まらせた時には
このまま窒息しちゃうんじゃないかと思って
それが怖かったんだけど

「その後の誤嚥性肺炎が心配」とのことで
何人かの方からメッセージを頂きました。

獣医さんからも
様子を見て、今後異変があれば
すぐに病院へとアドバイスもありましたが
あれから呼吸音も問題なく、咳もなく
元気もあり、普段通りに過ごしているので
今回の事での誤嚥性肺炎の心配は
ないんじゃないかな?と思います。

まるのマッサージの先生に
まるの口の動きや飲み込みが悪いと言ったら
口?首?の下の筋肉がないから
それで上手に食べられないのかも、との事でした。
(そういわれてみれば、まるの首の下側(内側?)を見ていて
なんで皮がビローンって余ってるんだろう?と
ずっと不思議に思っていましたが、そういう事だったのかと思った。)


食べるのが上手じゃない上に
年齢を重ねれば、飲み込みも更に悪くなってきて
今回みたいな誤嚥の危険も増える。

重ねて、環軸亜脱臼が悪化すると
呼吸器の筋肉にも麻痺が出て
呼吸状態に影響が出てくるみたいだから
悪化しないように気をつけないと・・・。
呼吸が上手にできないと、余計に誤嚥も増えそう。。

そもそも、普段から
少し動いただけでも
すぐに「ハァーハァー」してしまうので
ただ息があがっている状態なのか
何かあって、呼吸に異変がある状態なのか
ちょっと分かりにくかったりする。

今回みたいに
呼吸音が明らかにおかしい場合は
すぐ分かるけどね・・。

誤嚥性肺炎は
人間だけに限らず
ワンちゃんにも多いと教えて頂いたので
様子を良くみていて異変があれば
すぐに診てもらおうと思います。

普段のご飯やおやつも
水に浸したり、小さくしてあげたりはするけれど
液状にして、何回かに分けてあげるようにするとか
まるの様子をみながら
必要に応じて対応してあげようと
ムーまるパパとも話しています。

まるには、まだまだ長生きして欲しいし
大好きなご飯を、いっぱい食べて欲しいから
しっかり、気をつけてあげたいと思います!

メッセージやアドバイスを
どうもありがとうございました!!


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて!

記事ですがー!



今日は、バレンタインデー!



まったくもって興味のないイベントの1つですが

私には、愛するムーさんがいるので



せっかくなので

手作りラムジャーキーをあげる!!






ムックー!


ハッピー!バレンタインデー♥︎




170214-00.jpg





美味しいオヤツをあげるよぉ〜!!



170214-03.jpg


実はこのジャーキー

ムーまるパパがいつも作っている

ムーまるのオヤツなんだけど




何か問題でも? ゚∀゚)・∵.ブハッ






ムックにとっては

これを誰が作ったのか?っていうことより


これを誰がくれるのかって事が

大事でしょう(爆)





いつもよりも多くオヤツをもらって
ムックにとっては
良いバレンタインデーになったことでしょうw



170214-02.jpg


もちろん、まるも
バレンタインデーに便乗して
ムックと一緒にオヤツを食べたよw



関連記事

| ▶日常 | 23:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT