ムックとまるのあしあと

食欲旺盛でオモチャといたずらが大好きな悪ガキ犬、トイプー、ムック(♂)。外では、極度の犬見知り&人見知り、何にでもビビってしまう草食男犬。2014年1月25日から、肝の据わった恐ろしくマイペースな保護犬 まる(♀)が、我が家に合流。これから我が家の生活はどうなるのか!?酒好き飼い主が綴るノンフィクションw

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保護犬の仮名はカルガモちゃん!?




2014年1月25日の午後

トライアルが始まりました!!




初めまして!!

私が、カルガモ(仮名)です!?






なぜカルガモ(略してカルー)かというと

人間がどこかに動くたびに
まるでカルガモの親子のように
一生懸命、ヒョコヒョコ後を追ってついてくるから。



もう名前は決めて呼んでいるんだけど
今はまだトライアル期間なので
正式に我が家の1員になったら
改めて名前を紹介しようと思う。



カルーは、Wonderful Dogsという
保護犬をレスキューしているNPO法人から来ました。

このサイトの
シア(仮名)という子が、この子です。


可愛い顔だけ見てもらいたい気持ちもあるけど
ムックと同じように
良い事も悪い事も、面白い事も悲しい事も
成長記録として残していきたいので
現実のことをしっかり書こうと思います。

預かりボランティアのYさんから聞いたことも
ここに残そうと思います。


この子はトイプードルの女の子です。

繁殖業者が不要になったという事で
保護されました。

保護されるまで、繁殖犬として
ただ子犬を産む為だけに生きてきました。

空気も悪い、日も当たらない場所で
錆びた鉄の狭いカゴの中に閉じ込められ
糞や尿はそのまま垂れ流し
ご飯はそんなカゴの中にばらまかれ
そのご飯もお水も、次はいつもらえるのかわからない。
そういう状況の中
交配と出産の時だけカゴの外に出され
ひたすら妊娠と出産を繰り返してきました。

当然ながら、躾等は入っていません。
言葉もまだあまり理解していないと思います。

声帯もカットされています。

推定年齢7歳です。

とても狭い鳥かごのような所に7年もいた為
普通のトイプードルのようには歩けません。

自力では歩けますが、足が発達していないので
今は、ヒョコヒョコした感じで歩きます。
後ろ足の膝蓋骨(パテラ)の疑いは
今現在はないようです。

繁殖犬として
何度も妊娠・出産を繰り返していた代償で
おっぱいに小さなしこりがあったそうです。
保護されたあと、避妊手術時に切除が済み
病理検査の結果、良性だったとのことですが
今後も経過観察が必要なようです。

保護時から皮膚が膿皮症と診断され
今は良くなった箇所もあるようですが
まだ治っていない部分も何カ所かあります。
また、毛がまるまるっと抜けてしまっている部分も
何カ所かあります。


劣悪な環境で、犬を金儲けの為の道具に使い
いらなくなったら捨てる・・
使えなくなったら捨てる・・

この子は、2ヶ月くらい前に
そういう場所から保護され
預かりボランティアさんのところで過ごし
我が家に来てくれました。





そんな環境においたのは人間なのに
ヒドいことをされていたのに
カルガモちゃんは、人が大好きです。

まだ言葉が分らないようですが
「おいで!」って手を広げると
一生懸命、走って来てくれます。


なんて健気なんだろう・・

わたし人間大好きだよ!!
尻尾フリフリして
私の顔を、ジーッと見つめて来ます。


そういう姿をみていて
この子は、辛い思いをしていたんだと思うと
涙がでてくる(T^T)






今のカルー

全身はこんな感じになっとります。




<台所が気になるカルー>

14012501-02.jpg


背中は、皮膚炎の影響(?)で
毛がありません。


お尻と尻尾、左前足の一部と
鼻の上の部分は、全く毛がありません。
気持ちいい程、ツルツル!!



この写真だと
鼻の毛が無いのが分るかな??

14012501-05.jpg


体全体的に、毛が薄いです。
栄養状態の改善で、良くなるかな?!

でもね
頭の毛は、なぜかフッサフサです!

人間なら"ズラ" いらずですな( ̄▽ ̄)ハッハッハッ





一応、
こちらの動物病院の先生にも
皮膚炎やら、今までの病歴報告も兼ねて
診察してもらって来ました。


今までの報告書を一式持って行って
今、気になる皮膚炎のことや
毛が無い事などを説明してきた。




ちびデビル

「先生!この子、皮膚炎があるのと

あと、尻がマントヒヒなんです(大真面目)」




先生

「ん?おお、ほんとだ(大真面目)」





<外の空気を吸う マントヒヒ カルー>

14012501-03.jpg


皮膚炎については、来週再診予定。

脱毛については
脱毛の原因が病気の場合などもあるようなので
これからゆっくり
経過を見て行くことになりました。



カルーとの初対面をした日

預かりボランティアのYさんは
カルーに、脱毛や皮膚炎がある状況だったので
私達が会ったらビックリするんじゃないかと思って
お洋服を着せて連れて来てくれました。

でも私達
全然、ビックリしませんでした!

事前に
どのような状況におかれていた子か
教えて頂いていたし
ほとんど歩けないのかな?とも思っていたし
もっともっと、ヒドい状態だと覚悟していた。


初対面の時のカルーは
いいニオイがして
ものすごく人なつこくて
ムックパパにも、すぐ懐きました。
保護されてから
Yさんが大切に預かっていたんだな〜って
すごく思いました。



毛がないより、それはあった方がいいけど



毛が無くったって

尻がマントヒヒだって

顔がデカくったって

胴長短足だって




・・・って、悪口かっ(・∀・)ノ




とにかく!!

生きていてくれてありがとう!!

家に来てくれて、ありがとう!!





もーね、家に来たからには

静か〜に、穏やか〜に・・
とはいかないかもしれないけど( ̄∀ ̄*)

笑い声の絶えない
うるさい(?)家かもしれないけど
ちょっと、お留守番が長いかもしれないけど
家庭犬として、当たり前の事を
当たり前にしてあげることはできると思うから
毎日を楽しく、そしてのんびり過ごしておくれ!

そして、今までの推定7年を取り返すくらい
ずっと、ずーーっと笑顔で長生きしてね!!




これから、トライアルの報告を兼ねて
ブログ更新していきたいと思います。


問題の、長男坊ムックさんの様子も

それに合わせて記録するわ (;゚∀゚)





関連記事

| ▶保護犬の里親になりたい | 01:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT