ムックとまるのあしあと

食欲旺盛でオモチャといたずらが大好きな悪ガキ犬、トイプー、ムック(♂)。外では、極度の犬見知り&人見知り、何にでもビビってしまう草食男犬。2014年1月25日から、肝の据わった恐ろしくマイペースな保護犬 まる(♀)が、我が家に合流。これから我が家の生活はどうなるのか!?酒好き飼い主が綴るノンフィクションw

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬連れ岩手県の旅- 帰り道


宮古市の学ぶ防災ガイドからの帰り道


スタッフの方達が
「またいつか、お会いしましょう」そういって
私たちの車を見送って下さいました。

ずーっと手を振ってくれていました。

すごーく遠くなっても
私たちの車が見えなくなるまで
両手を大きく振って、またねー!!って

ずーっと、ずーっと、ずーっと・・


ジーンとしちゃいました(/∀`*)



その後、お土産を購入しに
宮古市 魚菜市場に行きました!

宮古の特産物や海産物や
"かもめのたまご"も売っていましたよん♪


目的のぽんしゅを購入♪
釜石の日本酒浜千鳥
宮古の日本酒、男山を購入することが出来ました!

あとね、まつもっていう海藻
聞いた事も、見た事も無かったんだけど
お味噌汁に入れたりするやつらしく買ってみました!

121007-304.jpg

一般には知られてないし、出回らないんだって。
三陸界隈の特産品らしいのだ!

(お土産足りなかったら、あげなくちゃと思って食べてないのさ



宮古で
お土産を買えるお店はあるのかなぁ?と
行く前に色々と調べてみましたが

やはり宮古市観光協会のサイトが
見やすくて最新の情報かな?と思いました。

買いたかったお土産で
ここで手に入らなかったものは
サービスエリアで買いました。
ホントは、道の駅とかに売ってるといいなって
思ってたんだけど、、、


岩手のお土産で買いたかったお菓子と
皆に買って来てくれと言われたお菓子は

さいとう製菓の「かもめの玉子」

121007-303.jpg

わたしは辛党なので
甘い物はそんなに食べないんだけど
かもめの玉子、相変わらず旨いねぇ!

あと、松栄堂の「ごま摺り団子」
これ、ムックパパが知らなかったんだけどさ
パクッと食べると
中からごまだれトロ〜リ・・・
すげー旨いんだよね〜〜!!
冷凍で売っているので
クーラーボックスあるといいよね。

佐々木製菓の「クッキー風味の南部せんべい」
家の親戚とか弟が大好きなんだよね〜
ピーナツと相性バッチリで
相変わらず旨かったw







「岩手県 犬連れ復興支援の旅」

AM2時頃に横浜を出発してから
48時間後のAM2時頃、横浜に無事帰宅。

帰りは
夜が明ける前に家に着きたかったムックパパ
ムックも爆睡してたので
ほぼ休憩なしで帰ってきやした( ̄∀ ̄;)



帰宅後、すぐ爆睡のムック

121007-305.jpg

おまんじゅうみたいでしょw

ムックも良い経験させてもらったね!
お疲れさま(●´∀`)



総走行距離 1,485キロの旅でした。



今回、この岩手の旅の記事を読んで下さった宮城の方や
ご実家が岩手の宮古という方から
コメントを頂いたんです。
とても嬉しかったです。

掲載の許可をとっていないので
お名前は伏せますが・・


「被災地へ行って良いものかと思われる方、沢山いると思います。でも、来てくれることだけでも復興に繋がっております。少しでも多くの方に来ていただけると嬉しいです。」

「なかなか思うように復興が進まない状況の宮古や周辺の町。一年半以上もたった今でも、被災地の事を応援していただいている方がいるのだと思うととても嬉しくなり、思わずコメントさせていただきました。」




そう言って頂けるのなら
喜んでまた行きます!宮城県!岩手県!!

私だけではなく
遠くてなかなか現地に足が運べない方も
みんな同じ様に、被災地の事を思っていると思います!


コメント、ありがとうございました!






ムックパパは
雪や雪道を知らない都会育ち。
雪を見ただけで嬉しくて大興奮する男です。

なので、雪道運転はNG

私は、なんてったって
ゴールデンなベテランペーパードライバーなので
普通の道でもすでにNG (lll゚∀゚)ァ'`,、'`,、


というわけで
冬の宮城・岩手には行けませんが
また季節が良くなったら


行くぞー!

ムックのあしあと

つけにいきます! ε=(ノ・∀・)ノ



読んで下さったみなさま
旅の記事にお付き合い頂き
ありがとうございました。

犬連れで宮城や岩手にお出かけしたいな〜という方で
何か私に聞きたいなぁ〜っていう方がいましたら
拍手欄にでも、お気軽にお問い合せ下さいね!
今回の旅行での経験を生かして
伝えられることを伝えていきたいと思いますし
宮城や岩手に行きたいと言う方には
私で役立つ事があれば
情報提供が出来たらと思っています!
あちらに行く、きっかけになれば良いなと思っています!
すぐにはお返事できないかもしれませんが
必ずお返事します。





| 岩手県 | 01:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬連れ岩手県の旅- 宮古市の学ぶ防災ガイド 後編

前編はこちら


集合場所は
テレビで何度も報じられていた
スーパー堤防と呼ばれている防潮堤の下でした。


121007-206.jpg

防潮堤の長さは約2.4km

右奥には海があります。




防潮堤に上りました。

121007-202.jpg

高さが10メートルあるのだそうです。

散歩して頂いているワン達が
小さく見えました。


ここに町があって
沢山の人が住んでいたんですよね。

奥の白くて大きな建物の前に
大型バスが数台見えたので
何かのツアー??
そう思いましたが違いました。

白い建物は学校だそうです。
子供達は、遠くの仮設住宅から
毎日大型バスで通学しているんだそうです。

この日は運動会。
仮設住宅から、子供や家族を乗せたバスが
運動会に参加する為に出ていたようです。



あたりは

倒れていないはずのものが倒れていたり
曲がっているはずのないものが曲がっていたり

津波の爪痕が今も残っていました。


このスーパー堤防
何度も報道されていました。

「意味の無い堤防だった」
そう報道されていたように記憶しています。

このスーパー堤防があったせいで
津波が余計に高くなったんだとか
あの堤防があるから津波は来ないから
逃げなくていいと勘違いしたんだ、とか

そして結局
この堤防は何の役にもたたなかったと


あの当時の報道を鵜呑みにしていた私は
防潮堤に上った時
あの意味の無かったスーパー堤防はここなのか・・

そう思いながら、立っていました。



そんな私達に、ガイドさんが言いました。


この防潮堤は
無意味なものだと報道されていましたが
それは違うんですよ・・と

これがあったおかげで
家が流されずに残って
2階の部分から荷物を取り出せた人も沢山いた
逃げるまで時間がかかる人だって
時間を稼ぐ事ができた


それに・・

この堤防のおかげでご遺体が流されずに
再会することができたご遺族が、沢山いたんだと・・・




その他にも
ガイドさんが話して下さるお話は
どのお話も、とても貴重なものでした。

テレビで何度も目にした津波の映像より
テレビで何度も聞いた被災状況より

壮絶なものでした。

人には言えないような出来事も
口にできないような体験も
皆、同じ様に沢山しているんです・・

子供も、大人もみんな・・



ガイドさん自身も被災し
親族を無くして、職も無され
辛い体験、沢山されていました。


でもガイドさんは

こうして自分が体験してきたことは
今こうして、皆さんのように
足を運んで下さる方に出会う為に
必要なことだったのではないかと思うんです

震災のあと
ここには沢山のボランティアの方や
警察官や自衛官や、他にも沢山の方が来て
この地元のために一生懸命してくれました。

子供達が悲しむ暇がないくらい
色々なイベントして下さったり
皆に声をかけて下さったり
募金をして下さったり
皆さんのように、足を運んで下さったり

私たちは、そんな沢山の方のおかげで
今こうしていられるんです

ありがとう
感謝しています

本当にありがとう



その後も

私たちに何度も何度も
「ありがとう」って・・・






海沿いで、唯一残った建物
たろう観光ホテル

121007-204.jpg

色々とお話を伺った後
このホテルに移動して
こちらの社長さんが
当時この場所で撮影した実際の映像を
実際に撮影していたお部屋で
見させて頂きました。



映像を見ていて
映像を見ているというより
実体験したような感覚になりました・・・


津波が来た時
死を覚悟されただろうと思います。



121007-208.jpg


私のように、この土地を知らない人間が
この防潮堤だけを見に行っても
この町の姿を見ても
津波の本当の怖さや
震災の壮絶さを知る事は出来ないと思いました。

考えさせられました。

震災について

防災について

本当に真剣に。


この場所に行ける方がいるなら是非
このガイドがあることを知って欲しいと思い
今回、記事にさせて頂きました。


他にも、沢山のお話をして下さいました。

過去に何度もこの地域に襲って来た津波の歴史
震災当時の話
ガイドさんが体験した事
今の現状
地元の方が思っている事
私たちに伝えたい事・・・


ガイド料金は
ガイドさん1名に付き4,000円です。
この料金は、復興支援協力金として使われているそうです。


スタッフの皆様
とても貴重な時間を過ごせました。
犬の面倒まで見て下さって
ありがとうございました。




<帰りの車内より>

121007-207.jpg


がれきの処理は、まだ続いています。
きっと元は、がれきじゃない。
誰かの大切なものだったんですよね。


今もまだ見つからないご家族を
探している方が沢山いる。

どうか、ひとりでも多く
1日でも早く
ご家族の元へ戻れます様に・・・


何も出来ない私ですが
出来る事を続けていきたいと強く思いました。



津波被害にあった海沿いに行くのは
復興の邪魔になるかもしれない・・
今回、現地に行くまでは
私自身も、そう思っていました。

でも

被災地に足を運ぶ事が
復興の邪魔になる時期は
もう終わったと思います!

ひとりでも多くの方に来て欲しい
こちらの方は、そう思っているのではないでしょうか。

浄土ヶ浜は
一部工事をしているようでしたが
その他の海沿いの観光名所も
見られる様になっていると思います。



よぉーし!
また行くよ!岩手県!!

うんまいお魚、うんまい食べ物
沢山あったはずなのに
ペンションで美味しいものを食べただけ・・・

すんごい心残りだよーーー!

今度行ったら、岩手の名物
沢山食べるぞーーーーーーー!!



ショパンママさん、ショパンちゃん
色々とありがとうございました!
今度はパパさんも一緒に
また行きましょう!!







| 岩手県 | 01:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬連れ岩手県の旅- 宮古市の学ぶ防災ガイド 前編

今回の旅の一番の目的は
宮古市の学ぶ防災ガイドに参加すること。


ショパンママさんが
岩手に住むお友達に
地元の情報を色々聞いて下さって

どうしても海沿いに行って
復興の手助けをしたいという
私達の思いをくんで
では、このガイドに申し込んでは?と
このガイドがあることを教えて下さいました。


学ぶ防災ガイドってなんだろう?

詳しくはホームページを見て頂ければと思いますが


津波で甚大な被害が出た田老地区の現状を
スーパー堤防と呼ばれた防潮堤に実際に上って
過去の津波被害、震災当時の状況
そして今の現状を
ガイドさんが丁寧に教えてくれます。

これをきっかけに
防災意識を高めてもらえれば・・
震災を経験した方が体験を伝えて行く事で
後世の方の役に立てば・・と
そういう思いを形にされたガイドです。


すぐに申し込みたいと思いましたが
犬連れで参加が可能かどうかが問題。

申込先に電話をし
犬を連れての参加が出来るか問い合わせました。

『犬連れですか?はじめてのケースで..』と
電話口の方は、とても困惑されておりましたが
OKを頂きました!


ガイドコースは2コースありました。

1つは、防潮堤に上ってお話を聞かせて頂くコース。

もう1つは
防潮堤でお話を聞かせて頂いたあと
海沿いで唯一残った建物 "たろう観光ホテル"にて
そこの社長さんが当時撮影した映像を
実際に撮影していた部屋で見せて頂くコース。

後者の
映像を見るコースの方がメインになりますが
犬は室内には入れません。

『少しの間、犬を車に置いて行けませんか?』
そう聞かれましたが・・

だいぶ外も涼しくなってきたとはいえ
申し込んだ時間は昼間
窓を閉めれば暑くなるかもしれない

それに、海沿いに車を駐車するので
もし何かあったら、すぐに車に戻れるんだろうか?
そんな不安などもあり
『すみません、置いて行けません』と。。

防潮堤で、お話を伺うのみのコースでお願いしました。

申込は個人でも団体でもできるようです。
私たちは個人でガイドをお願いしました。




ガイドの当日

集合場所の地図を握りしめ
ナビと手持ちの地図を見ながら

道に迷わない様にしなければ・・

集合場所はすぐ分るんだろうか・・
そう思いながら向かいました。


でも、すぐに場所は分ったんです。


海沿いに出た途端、何もなかったから・・


遠くの方に、青い旗がパタパタ

" 学ぶ防災 "

そう書いてある青の旗 以外

なにもなかった。


ここに沢山の家が建ち並んでいたなんて
かろうじて残っている家の基礎がなければ
元を知らない私には分りません。

津波の被害にあった場所を
テレビを通して見るのと
実際に目にするのとでは違う。

全然違う。



震災から1年7ヶ月

当時ここに住んでいた方達の生活は
少しは良くなったんだろうか?

いや!
絶対、良くなんかなっていないよね!


国の復興予算
被災地とは関係のない建物の
改修に使われたりしてるらしいじゃん。
ふ〜ん、なるほどね
良かったね〜、税金使いやすくなったから
耐震工事とかもできちゃうわけだ?
自分達の建物だけはキレイで丈夫になって
おえらいさんの身の安全は守られた?

津波の被害にあったこの場所に立っても
その税金、同じ様に使えるのか?

報道だけを信じるのもあれなんだけど
もし改修なんかが本当の話なら

バッッカじゃないの!腹立つ!





集合場所に到着すると
女性のスタッフの方が
3人待っていて下さいました。
そして・・

皆さん、せっかく遠くから来て下さったので
映像を見るコースにしませんか?
せっかくなので、やはり見て頂きたいです。
犬達はその間
私たちがお預かりしてみていますから
もし良かったらですが・・と


私が犬を車に置いて行けないと言ったので
スタッフの方が話し合って
来て下さったようなのです。

スタッフの方にご迷惑をかけてしまって
申し訳ないです・・
でもせっかくのご好意
ありがたく甘えて預かって頂きました。



『置いて行かないでーー!』

泣き叫ぶ駄目なムックと

『おう!いってらっしゃい!
ムックもしっかり見送れって』の

男らしいショパンちゃんの図 ↓





で、泣き叫んだ割に
姿が見えなくなると切り替え早いのよ

散歩までしてもらう
ショパン&ムック

121007-203.jpg


あいつさ〜
結構、のりのりで歩いてたのよ。
リードを持って下さった方と
アイコンタクトまでしてたしw

だったら泣くんじゃないよ
まったく ( ̄∀ ̄;)




ムック達を預けたので
私たちはゆっくりお話を伺うことができました。


DVDで貴重な映像も見せて頂いたあと
ムックとショパンちゃんと再会。



『俺、待ってたよぉ!』大げさなムックと

『おう!皆、おかえりなさい!』の

お利口ショパンちゃんの図 ↓

121007-205.jpg


お散歩のあとは
お水まで飲ませて頂いたようで
車の中で抱っこして待っていて下さいました。

車にでも繋いで
見ていて頂くだけでも良かったのに
ご迷惑をおかけしてしまいました。
スタッフの皆様、ありがとうございました!!



ここで写真は
ほとんど撮っていないのですが
でも少しだけだも
ガイドの事を伝えられればと思っています。


後編につづく。





| 岩手県 | 01:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬連れ岩手県の旅- 浄土ヶ浜編

翌日は
ショパンママさんと盛岡ICの出口で合流♪

方向うん○と思われるショパンママさん
会えたときは、リアルにホッとしたよぉおおww




最終目的地は
宮古市の田老地区

こちらの
学ぶ防災ガイドに参加するため向かっていました。


盛岡ICから、宮古市田老地区まで100キロ強。

たかが100キロと思うなかれ・・・

一般道の100キロおそるべし!
yahoo先生によると約4時間
google先生によると約3時間かかるとのこと。
(違いありすぎw)

1本しかない山道のような田舎道を
ひたすら、ただひたすら走る。

道の途中、チャリのが早いんじゃんか?!
みたいな車も山ほどおりまして
追い抜く事もできず
約束の時間がありましたので
冷や汗をかきながら向かっておりました。


遠かったよ・・≡(lll゚∀゚)ァ'`,、'`,、



でもまぁ、車を走らせましたっつっても



実際に車を走らせたのは

ムックパパとショパンママさんのみで

私は、茶を飲みながら
目の前と地図見てただけ(`∀´)ゞ テヘッ




無事に予定より早く着きそうだったので
寄り道で観光もしました。



キレイな景色が有名な浄土ヶ浜


浄土ヶ浜って一言でいっても
あのあたり一体に
色々と名所があるようですね。

ぐる〜っと回ると
予定の時間に間に合わないので
第一駐車場に車を止めて
お台場展望台から、奥浄土ヶ浜を見るだけにしました。



ここでやっと

ムックとショパンの再会!!



相変わらず人なつこいショパンちゃん^^


前に会ったときは
ムックの事が好きで好きで
どうしていいか分らないって感じだったショパンちゃん。

だけど
今回はそうでも無かったね?

121007-102.jpg




展望台に向かう途中の2人

見よ!この尻尾の真逆ぶりww

121007-103.jpg



歩く事、数分

展望台に到着。


あいにく曇っていたので
すっきりは見えなかったんだけど

121007-104.jpg




晴れていたら、キレイだっただろうな〜

121007-105.jpg

とは思ったんだけど、、


それよりなにより・・・

展望台に到着したとたん
風の音がビュービュー

いや・・
ヒューーーー

風の音が笛みたいになって鳴り止まず

この日は波も荒れていて高くて
空の色も曇っていて薄暗いし・・

そんな天気の感じと
やはり津波が来た場所だと思うと
正直ちょっと怖くなりました。



でもこの場所も
沢山の方が観光に来てくれる様にと
いち早く、復旧させたという話を聞きました。


だからまた改めて行ってみたい。
晴れた時に
キレイな海岸を見に来よう!





ムックを見上げるショパンちゃん

121007-106.jpg



今回は、ふたりとも落ち着いていましたよ。

一度会ったのは、覚えているもんなのかなぁ〜?

121007-107.jpg





ちなみに去年はこんな感じだったよねw

1109170910.jpg

1109170911.jpg


ちょっとは成長したのかな?ムック?





次はこの旅の目的の地

宮古市田老地区へ!




| 岩手県 | 01:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬連れ岩手県の旅-宿 むってい編

やってまいりました!

今宵の宿!

"むってい" さんです!



東北のペンションといえば
トラウマがありますので
横になれればいいか・・・

そんな思いで宿に向かいました。

トラウマ こちら



でも到着したら

そんな過去のトラウマは吹き飛びました!




とても可愛らしいお庭

121006-402.jpg








清潔で可愛いらしい建物

121006-403.jpg



色んなところに
可愛い植物や小物が飾られていて
素敵なペンション〜♪

お風呂も男女別であるし
洗い場の広さも充分!
キャンドルが置かれていたり

お部屋もシンプルながら
とても清潔で気持ちが良かった。




食事の際は

ムックの椅子まで用意してくださっていました。

普段のムックは
私たちの食べ物が見えない位置にいるので


運ばれて来た料理に

121006-404.jpg

この顔 (●´艸`)


そのマジ顔を見ながらの食事も
なんだか落ち着かないので
即刻、下で待っていてもらいましたw



岩手には
海の幸も山の幸もあるんですよ、と

岩手の食材を使って
岩手を満喫できるお料理の数々

家庭的な雰囲気で
のんびり、楽しく頂きましたぁ〜

とっても美味しかった〜〜



121006-405.jpg


写真の腕が悪いので
美味しそうに撮れてなくてすんません・・



121006-406.jpg




121006-407.jpg



ボリューム満点で
お腹ぱっつんぱっつん過ぎて
全部食べきれませんでした〜(泣)

121006-408.jpg





121006-409.jpg





デザートが運ばれて来たので
試しに椅子に座らせてあげたら

ムックパパが食べるのに合わせて

エアー食事www

121006-410.jpg





朝食も
岩手の食材を満喫。


121006-411.jpg


パンも焼きたてホカホカ
沢山食べて下さいねって言われたけど

朝食もボリューム満点!

よく食べる私ですが
やはりお腹パッツンパッツン。
おかわりなんで出来なかったっす(●´∀`)


んまかった〜


121006-412.jpg




121006-413.jpg




121006-414.jpg




最後に、ムックのクッキーを頂きました♪


121006-415.jpg





むっていのオーナーさん
とても暖かくて優しくて
素敵なマダムでした。


私たちが翌日
海沿いの宮古市に向かう事を伝えると
奥様は、なぜかとても喜んで下さいました。

最初は、なぜ喜んで下さったのか
意味が私にはよく分からなかった。



奥様は私たちに・・



私はここで
皆さんにお伝えしているのですが・・

時間が許すのならば
海沿いに足を運んであげてほしい。
足を運んで頂ける事が
とても嬉しいんです。

" 海沿いに行くと
復興の邪魔になるんじゃないか "

お客様の様に
皆さん同じ事をおっしゃるんです。
でもそれは違うんですよ!
是非!行ってあげて下さい。

そして出来れば
ジュース1本でもいいんです
お買い物をしてあげて下さい。
それが現地の力になるんです。

あちらに行って下さるのですね
嬉しいです、ありがとうございます。


そう言われました。


私は、偽善でも何でもいい
被災地の物を買ったり
被災地に足を運んだり
自分が良いんじゃないかと思った事をしよう!

と思いながらも

やっぱり心のどこかで
自分のしている事が
合っているのかなんなのか・・
良く分からなくなっていた。



被災していない私たちなど
犬なんかつれて
のんきに被災地に観光に来て・・

そう思われたって仕方ないと
どこかでそう思ってました。
でも、本当にのんきだだよね!

家族やペットも亡くして
家も職も失った人だって沢山いる。

なのに旅行なんて、贅沢な話。
自分がその立場だったら
被災した人間だったら

同じ様に
来てくれてありがとうって
言えるのかな。。


でも

『来て下さって、本当にありがとう』

その言葉に
なんだかジーンとしてしまいました。




別に誰になんて思われてもいいんだけど
現地の人にそういってもらえた事で
誰かひとりでも喜んでくれるなら
岩手に来て良かったよね、って
ムックパパと話してました。


むっていさんに泊ってお話できて良かった。


明日は宮古市に
胸を張って向かおう!!

そう思えました。


むっていのオーナー様
ありがとうございました。

また近いうちに、絶対にお邪魔します!




次回は、海沿いへ!

宮古市田老町へ!編です。



この岩手の旅において
色々調べて情報を下さったショパンママさん
ブログ記事をアップされていますので
是非、見て頂きたいです。

ショパンママさんのブログへ



ショパンママさん
次回は絶対一緒に
むっていさんに宿泊しようね!!




ペンションの備品や
ちょっとした情報は追記で▼

≫ Read More

| 岩手県 | 12:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT